第2利根彗星観測所

 

古山彗星発見ドラマの舞台となった利根彗星観測所は、県の道路計画の為、

移転を余儀なくされ、2003年2月に撤去されました。

そしてその後、古山氏の新観測所である第2利根彗星観測所が稼動を開始しました。

規模としては、利根彗星観測所の3倍ほどで、スラーディングルーフ方式の観測所です。

 

古山茂 の天体発見 Memorials

利根彗星観測所 Memory 利根彗星観測所 撤去

 

観測室の全景
彗星,超新星,新星 の捜索用機材が並び、壮観な眺め
ドア−の向こうは、観測準備室

 

 

主砲?のタカハシ製イプシロン250
(三鷹製GN25−S架台)
イプシロン250は、彗星確認用で捜索には使わない
イプシロン250
キャノン400mmF2.8を2本ツインカメラとして同架
.  .
イプシロン250のカメラ部分
(もちろんフィルム吸引装置付)
イプシロン250を下から
.

.

彗星捜索用キャノン400ミリF2.8ツインカメラ
(6×7判 ・ イプシロン250に同架)

右にあるフジノン15cm×25双眼鏡で時々低空を
眼視で彗星捜索する
75ミリF4.5(ペンタクス67)+200ミリF2.8
(タカハシ製EM200架台に同架)
新星捜索用に75ミリF4.5(左)を使う。
200ミリF2.8(右)は確認用。
.

.

タカハシ製MT−200

ビクセン製ニューアトラクス架台

CCDカメラ(ST−9E)を取り付け、
超新星捜索と精測位置測定に使用

MT−200の自作カウンターバランス
.

.

観測準備室

2台のパソコンで天体の自動導入,
CCD撮像,精測位置測定をする

 

「星天の会について」へ戻る             「会員所有の観測所」へ戻る